現役医学生おGちゃんの勉強ブログ

受験テクニックを知り尽くした現役医学生が,あらゆる「受験生」に贈るブログ

【おすすめ】化学参考書ランキング

どうも!!現役医学生勉強アドバイザーのおGちゃんです!

 

理系の大学受験生にとって化学を選択するのは必須といっても過言ではありません。それぐらい大学受験という世界において化学は重要視されているのですが、なかなか意外と「使いやすい」参考書というのは見つかるものではありません。

 

いい参考書の見つけ方はこちら↓


 そこで今回はおGちゃんの今までの経験をもとに、おすすめの化学参考書をランキング形式でご紹介したいと思います。

 

 

化学参考書ランキング

 

 

 

 

★第三位★

 

「鎌田・福間の化学講義シリーズ」

(Amazon にリンクします)

化学を選択している人ならば誰もが知っている、有名な化学講師、鎌田/福間、両先生方が書かれた参考書です。

 

どの一冊をとっても細部まで丁寧に仕上げられており、説明もかなり細かいところまでなされています。また、化学で誰もがつまづく暗記の範囲をゴロで解決していたり、難しそうな問題であっても詳しい回答と解き方が載っているので、初学者でも全く困りません。

 

特に、付録の小冊子は逸品と言っていいほどの出来で、暗記にめちゃくちゃ使えるので、単語帳と同じ要領で気軽に持ち歩くことが可能です。

 

一つだけ難点を挙げるならば、三冊に分野が分散していることでしょうか。ただ、それでも各分野がかなり仕上がっており、これらを完璧にするだけでも河合偏差値60は下らないと思います。

 

★第二位★

 

「化学基礎問題精講/標準問題精講」

(Amazon にリンクします)

最近かなり流行ってきている旺文社の精講シリーズです。このシリーズはどの教科ともかなり仕上がっており評判がどれも高いのですが、化学に関しても御多分に漏れず素晴らしい出来となっています。

 

基礎、標準でかなり難易度にかい離があり、

 

  • 基礎 → センター~中堅国公立向け
  • 標準 → 難関国公立~最難関国公立、医学部

 

といった難易度になっています。

私としては、基礎を仕上げればたいていの大学の入試問題には対応できると感じており、基礎の一冊だけでも持っている価値はあると思います。

 

標準に関しては、これを終わらせれば東大なんぞ怖くないというレベルで、むやみやたらと手を出すと返り討ちにされるレベルです。(実際私は受験期初期に購入して痛い思いをしました)

 

逆に言えば、ほかの問題集が完璧になっている人には、「標準」はおすすめです。自分の能力が限界を超えてぐんぐんと上がっていくのが手に取るようにわかります。

 

加えて、デザインもよく、手に取れば勉強する気になってしまう不思議な参考書となっています。

 

 〇番外編〇

 

「化学の新研究」

(Amazon にリンクします)

大学受験の化学において辞書の代わりとなりうる、「最強参考書」の一つです。何か疑問に思えば、この参考書を調べればたいていのことは解決します。

 

内容も基礎的な内容から、超高校レベルのものまで幅広く解説されており、まさに鉄壁でしょうか。大学生でも読んでいて、なるほど知らなかった!!となることも多く、盛沢山となっています。

 

ただ、やはり詰め込みすぎな感じは否めず、辞書として使うことをお勧めします。特に独学者にとっては神のような存在となることでしょう。

 

また、問題演習を目的とした参考書ではなく、解説を主な目的としたものですから注意が必要です。(姉妹書に新演習というものがありますが、正直あまりお勧めできません)

 

☆第一位☆

 

「化学頻出!スタンダード問題」

(Amazon にリンクします)

え??見たことも聞いたこともないぞ。という人が多いかと思います。

 

確かに、ほかに多くの化学参考書が幅を利かせている中、この参考書のことを知っている方は少ないと思います。しかし、この参考書のすごいところは、これ一冊で化学がほぼ完成形に近くなるという点です。

 

難易度的には、確かに少し簡単な感じはありますがそれでも、これをやりこむだけで最強になれるというのは素晴らしいと思います。

 

似たような構成の参考書に数研出版の「重要問題集」がありますが、そちらのほうは初心者には難しすぎ、既学者には簡単すぎるといった欠点を抱えています。加えて、ひねりすぎた問題も多く、これを解くことで果たして化学的な思考が身につくのか?というのが疑問です。

 

その点、スタンダードは、初学者が化学の基礎知識から応用知識において最強になるという視点では類を見ない完成度を誇っています。さらに、無駄な問題も一切なく、横断的に化学を極めることができると感じています。

 

おすすめの参考書の進め方としては

 

  • 鎌田・福間の講義 → スタンダード → 標準問題精講

 

といった感じで、これだけで東大に軽く入れるだけの実力が付きます。

 

中堅国公立をはじめとした私学を目指す人は、上のチャートで「スタンダード」までやるだけで十分です。きちんと合格できるだけの実力が付きます。

 

以上、おGちゃんおすすめの化学参考書ランキングでした。

 

万が一お気に入りの参考書が見つからないという場合には、下↓の記事を参考に見つけてみてください!!

 


ほかの教科のおすすめはこちら↓


 


 おGちゃんでした!

ではでは(^^♪