現役医学生おGちゃんの勉強ブログ

受験テクニックを知り尽くした現役医学生が,あらゆる「受験生」に贈るブログ

【悩み】勉強の仕方がわからない!? ~勉強法を探る~

どうも!!現役医学生受験アドバイザーのおGちゃんです!

 

今回は受験生ならだれもが一度はぶつかるであろう壁の一つ、「どうやって受験勉強をするか?」についてお話していきます。

 

 

勉強法を探る

 

f:id:ogchan8:20181011005132j:plain

突然ですが、皆さん、受験勉強のやり方ってご存知でしょうか?

 

「受験勉強なんかやりたくない!!」

とか

「勉強なんて面白くない!!」

 

というあなたは、もしかすると自分に合った勉強法を知らないだけかもしれません。

 

そんなあなたは、もしかすると、自分に合った勉強法を見つけるだけで飛躍的に成績が伸びてしまうかもしれません。

 

 

 

受け身勉強の怖さ

f:id:ogchan8:20180730200205j:plain

ただ単に親に言われたから、友達が行っているからという理由で塾や予備校に通ったり、通信教育や家庭教師など手当たり次第に試してはいないでしょうか?

 

一般的に普及している勉強スタイルは、予備校の授業だったり、学校の授業を中心としたスタイルだと思います。多くの受験生は予備校や塾に早期から通うことで、入試問題に対するアプローチ法や、効率的な勉強法を学びに行こうとします。

 

大手の予備校や塾には教え方が非常にうまい先生がいたり、自習できる設備が整っていたりします。ですから、一見するとこれらの大手予備校や塾が魅力的に見えてしまうかもしれません。

 

ですが、実はここに大きな落とし穴があるわけです。

 

予備校や塾はわかりやすい問題の解説は提供してくれますが、正しい勉強法を伝授してはくれるわけではありません。ですから、いわゆる「勉強の基本ができていない」人が予備校や塾に通っても、意味がないわけです。

 

正しい勉強法も知らないのに授業を受けるだけ受けるということは、まったくスマホの使い方を知らない人が、「素晴らしい」といわれるスマホをただ購入するだけで満足しているようなものです。

 

どんなに素晴らしい授業でも、どんなにわかりやすい参考書でも、その正しい活用方法を知らなければ無意味であるということなんですね。

 

さらに言えば、自分がやりたい、受けたいとも思っていないような個別指導や通信教育、家庭教師の授業を受け続けることも、困りものです。

 

分かりやすい先生や素晴らしい教材がいかにそろっていようとも、授業を受ける本人に、「自分からやる」という主体性がなければ、「勉強」はただの時間の無駄になってしまいます。

 

ですから、勉強の仕方がわからないというあなたは、まず自分の現状を把握してみてください。「受け身」の勉強法ではなく自発的な勉強を自分はできているのか?意味のある勉強を自分はできているのか?考え直してみましょう。

 

そして、

 

主体性」と「正しい勉強法

 

というこの2点こそが、勉強のキモとなってくることを、「肝」に銘じてください。

 

 自分からやる勉強とは?

 

f:id:ogchan8:20180824190618j:plain

1.参考書を使う

 

私のブログでは、「参考書を使った」最強勉強法を多数ご紹介してきています。つまりは、学校や予備校に頼らない独自のスタイルをお勧めしているわけです。

 

なぜ、独自のスタイルの勉強法で勉強することをお勧めするのか?

 

それは、主体性を簡単に持つことができるからです。

 

ちょっとかみ砕いていうと、自分独自の勉強法を持ってさえいれば、勉強に対して親近感が湧き、「自分から勉強をしようとする」ようになるからなんです。

 

趣味だってそうですが、自分がやりたい!!と思えないことには人間はどうしてもやる気を出すことができません。部活も、好きな競技や内容でなければ、自分から「したい!」とは思わないはずです。

 

ですから、まずは自分から勉強をしたい!!と思えるように自分に仕向けて行くわけです。その手順の一つが、参考書を使う、ということ。自ら選んだ参考書には、自然と親近感が湧いてきて、勉強にとっつくための最初のハードルをひくくすることができます。

 

そして、最初のハードルを越えることができたなら、あとは自然と行動は連鎖していきます。

 

好きなデザイン、好きな内容の参考書を自分で見つけ、好きな勉強法を自分でネットや本から学び、自身の苦手な科目や分野を自分で参考書を使ってつぶしていく。そして、最終的には、自分が学びたいと思う高校や大学を自分で探し、自分から受験勉強を始めていく。

 

このように、最初さえ突破してしまえば、あとはどうとでもなります。よい行動を連鎖させ、成績を上げるためにも、参考書での勉強をお勧めします。

 

私のブログではお勧め参考書を含め、その参考書を使った勉強法まで詳しく解説しています↓ ぜひ読んでみてね(^^♪

 

【決定版】数学ではこれを使え!!参考書ランキング - 現役医学生おGちゃんの勉強ブログ

 

【おすすめ】生物参考書ランキング - 現役医学生おGちゃんの勉強ブログ

 

【おすすめ】化学参考書ランキング - 現役医学生おGちゃんの勉強ブログ

 

【決定版】いい参考書を見つけるコツ - 現役医学生おGちゃんの勉強ブログ

 

2.特殊な勉強法

もしあなたが今、受験まで差し迫っていて、時間がないでもとりあえず成績は上げたいし合格もしたい!!と思っているのなら、少々特殊ではありますが、わたくしお勧めの勉強法があるのでお教えしましょう。

 

〇勉強法を身に着けていなくても、最短で合格までたどり着く方法

 

「勉強は今までまともにしたことない!!でも合格したい!!」

 

というあなた。教える側からしてみればこういう生徒はたまったものではないのですが(笑)、もし本当に切実に受かりたいと願っているなら、一つだけ手段があります。

 

それが、コーチ&添削者が志望大合格へ導く/Z会Leadway です。

 

これまでさんざん、主体性がなければ勉強しても無意味、家庭教師や通信教育も無駄になる。と言ってきました、ですが、もしあなたが本当に短期で受かりたいと思っているのなら、主体性はクリアできています

 

あとは、何を使って最短で合格までもっていくかが問題となってくるはずです。それこそ、通常の予備校や塾ではあなたが合格することはかなり難しいでしょう。何といっても、時間がないわけですから。今すぐにでも勉強を始め、勉強法を習得し、合格ラインまでたどり着かせてくれる補助ツールが必要となってきます。

 

その補助ツールとして私がお勧めするのが 【Z会Leadway】 です。

 

このツールの最大の特徴は、コーチと添削者という二種類のプロフェッショナルが存在する、ということ。勉強法を教えてくれ、かつ志望校のことまで知り尽くしたプロフェッショナル「コーチ」。そして、受験生のつまづきどころを網羅し、合格答案を書けるようになるまでの最短ルートを教えてくれるプロフェッショナル「添削者」。

 

あなたが、もし志望校に受かるか心配であってもこの二人の存在があれば怖いものなしで勉強を進めていくことができます。

 

そして、勉強を進めていくに従い、こなすべき問題量なども多くなってきますが、皆さんのお家でも取り組むことができるため、時間のロスが少なくなります。

 

志望校に短期間で絶対受かりたい!!というあなたは一度問い合わせをしてみて、受講検討をされてみてください。必ずあなた自身が変わっていくはずです。

 

↓にリンクを貼っておきます。

 

〇最短で合格までたどり着く方法(勉強法が身についている人限定)

 

勉強法がある程度身についているというあなたには、Z会Leadwayではなく、もう一つ別のツールをご紹介します。

 

 それが、スタディサプリ です。

 

もはや、聞いたことがあるという方がほとんどだと思いますが、あの超有名企業リクルートが提供するオンライン受験ツールです。

 

勉強法が身についていて、かつ志望校もある程度固まってきたならば、予備校や塾よりもスタディサプリ のほうがお勧めです。その理由はたくさんありますが、特に大きなものは、やはりお家で受講することができること、そして何度でも見直すことができることでしょう。

 

スタディサプリ では、現在【スタディサプリLIVE】志望大別対策で弱点を克服 というキャンペーンを行っており、自分の志望する大学に合わせた上質な授業を生で受講することが可能になっています。

 

スタディサプリには関先生などの超有名講師の方が出講されており、一度でもいいのでその授業を体験してみることをお勧めいたします。(結構マジで人生変わるかもしれません

 

ただ、なんども言うようですが、「勉強法を習得していない」人にはお勧めできません。私のブログや、Z会Leadwayなどを通して勉強法を身につけてから活用するようにしてください。

 

こちらも一応リンクを貼っておきます↓

ぜひ受講検討をしてみてくださいネ(^^♪

 

今回は、受験生ならだれもが直面するであろう悩み「どうやって勉強するか」についてお話してきました。

 

皆さんがご自分に合った勉強法を身につけて、合格への道のりを歩まれることを期待しています。

 

それでは!

おGちゃんでした(^^♪

 

本日ご紹介した受験ツールのリンクを貼っておきます↓