現役医学生おGちゃんの勉強ブログ

受験テクニックを知り尽くした現役医学生が,あらゆる「受験生」に贈るブログ

【医学部】日本大学を知ろう 〈2019年度最新版・私立医学部を知る〉

どうも!!医学生勉強アドバイザーのおGちゃんです!

 

今回は、私立大学医学部のうち、日本大学をご紹介していきたいと思います!

医学部事情なんかどうでもいい!!とか、あんまり医学部のことわからないなぁ、という方にも面白くわかりやすく書いているので、ぜひ読んでみてください!!

 

私立医学部を知る<2019年度最新版>

 

 

日本大学 医学部

 

1.日本大学とは?

f:id:ogchan8:20190219211033j:plain

まずは、日本大学の歴史を少し知っておきましょう。

国家神道を確立するべく、皇道を広く国民に教化し、神職資格を与える養成機関として発足した皇典講究所を母体とする。法体系の編修が急がれ、もともとは講究施設である國學院に国法を創設するつもりであったが、その国法科を日本法律学校と名乗ることとした。1898年明治31年)3月に高等専攻科を設置。財団法人となり分離独立し、文理学部の前身となる高等師範科を設置。1903年明治36年)に日本大学と改めた。翌年、専門学校令に基づく大学、経済学部と商学部の前身となる商科を設置。1920年大正9年)、大学令認可となる。この頃、私立大学の中では初めに女子の入学を認めた。6月、理工学部の前身となる高等工学校を開設。翌年、芸術学部の前身となる美学科を設置。翌月には、歯学部の前身となる歯科医学校を開校。その4年後に医学部の前身となる専門部医学科も設置。

日本大学 - Wikipediaより引用

 少々長いですが、この情報によると日本大学自体の歴史は2019年現在で121年と非常に歴史ある大学となっています。

 

医学部だけであっても、設置が1925年であり、94年もの長い歴史を誇る医学部となっています。

 

なお、日本大学自体の話になりますが、16学部87学科を有しており、日本の私学におけるマンモス校として全国にその名を轟かせています。

 

2.日本大学の特徴

f:id:ogchan8:20180828222346j:plain

日本大学の特徴は、何といっても先ほど述べたように、全国屈指の総合大学であるという点です。

 

私学、国公立に関係なく全学を合わせれば、軽く6万人以上の学生が在籍しているので、もはや一つの町や村レベルで人がいることになります。

 

さらに、医療系の学部に限った話でいえば、医学部、薬学部、獣医学部がそれぞれ1つずつ、加えてなんと歯学部が2つも存在している、化け物じみた構成となっています。

 

もはや、自然科学系の他の総合大学が目玉ひん剥いて、びっくりするレベルですね(笑)それほどにまで多くの学問を学べる、希少な大学であるといっていいでしょう。

 

また、カリキュラム上では日本大学の建学理念である「自主創造」を体現するための教科が多くあり、自身の力で歩んでいけるような知識などを身につけることができます。

 

加えて、日本で初めて「OSCE」という臨床試験を導入したことで知られており、先進的な大学であることがうかがえます。

 

3.日本大学に行ってみた

 

ちょっと遠くて行きづらいけど、雰囲気ぐらいは知っておきたい!というあなたのために、おGちゃんが実際に行ってきましたのでご紹介します。

 

f:id:ogchan8:20190219221935j:plain

日本大学自体は、多数の学部を有するため非常に多くのキャンパスが存在するのですが、今回は医学部の紹介ということで、日本大学板橋キャンパスに行ってまいりました!!

 

上の写真ですが、板橋キャンパスから最も近いと思われる東武東上線大山駅の出口の写真になります。

 

訪問した日は雨で少し天気が悪かったですので、写真写りが少し悪いのはすいません(´;ω;`)

 

この大山駅から歩くこと約15分、ついに日本大学のキャンパスらしきものが見えてきました!!

f:id:ogchan8:20190219222307j:plain

看板には医学部医学科、大学院医学研究科と、看護専門学校の文字が書かれています。

 

最近はどの大学も医学部に附属の看護専門学校を「看護学科」にするのが主流のようですが、日本大学はどうやら違うみたいです。

 

f:id:ogchan8:20190219223114j:plain

入って右側にどどーんとそびえたつのが、日本大学付属板橋病院です。

 

私のあくまで私見ではありますが、第一印象は「古っ!!」でした。見た目だけかもしれませんが、お世辞にも新しくきれいに整備されているとは言えない印象でした。

 

調べてみると、どうやら日大板橋病院は1970年の開院当時からその姿をほとんど変えていないようです。なるほど納得しました。

 

耐震構造になってはいるようですが、東京都の「地震で倒壊する危険性のある建物」に指定されてしまい、どうやら建て替えの計画が進んでいるようでした。

 

f:id:ogchan8:20190219223525j:plain

その附属病院の隣に立っている大学院棟です。

 

こちらもお世辞にはきれいとは言えないですね。

 

f:id:ogchan8:20190219223730j:plain

f:id:ogchan8:20190219223741j:plain

日本大学医学部の案内看板と、医学部の本館です。

 

都内に存在するキャンパスではありますが、敷地は結構広かった印象です。他の私立医学部ではなかなか見ることのできない「プール」と「運動場」が存在していたのも印象的です。他にもなかなか大きな体育館があったりと、学生生活には困らなさそうでした。

 

ただしやはりどの施設に関しても「古ぼけた」感じが否めませんでした。新しいことがいいとは限りませんが、やはり新しい方が気持ちよく学生生活を送ることができるのは確実です。

 

ちなみにですが、その古さが特に際立っていたのが「本館」でしょうか。こちらは、いい感じの古さで、「歴史ある医学部」の感じがひしひしと伝わってきて、逆にいい感じで目立っていました。

 

f:id:ogchan8:20190219224538j:plain

おまけの写真ですが、どこの大学にも独自の水が売っているようですね。日本大学は鮮やかな日大カラーの天然水が販売されていました。

 

4.日本大学の難易度

 

さて、そんな日本大学の難易度ですが、

2019年現在、河合塾の偏差値で

 

65

 

となっています。

 

これは医学部の中でも至極標準的な偏差値であると言えるでしょう。

難易度的には、私立医学部の中では中間層に位置します。

 

ただし、偏差値と実際の入学難易度が比例するとは限りませんのでご注意ください。

 

5.日本大学に入るには?

 

f:id:ogchan8:20181227134644j:plain

そんな日本大学に、ぜひともチャレンジしてみたいというあなた!

仮にも医学部ですので、生半可な心構えでは、一次試験を突破することさえ難しいかもしれません。

 

ですから、やはり日本大学に入るには、その傾向と求められる能力を知り、そのための勉強を行っていかなければなりません

 

日本大学の入学試験は、非常に特徴的で、生物の難易度が低く、物理の難易度が医学部の中でも特別高いものになっています。

 

したがって、生物が得意だという方は、ぜひとも生物で受験することをお勧めします。

 

そのうえでですが、そのほかの教科に関しては非常に標準的な内容となっていますので、

 

英数で堅く点数を取り、かつ理科の得意科目で何とかして差をつける

 

という得点戦略が考えられます。

 

理科を得意にしたいというあなたは、以下の記事を参考に理科の成績を強固にしていってください。

 


 

むろん、理科だけ成績を上げても、ほかの教科で得点できなければ意味がありませんから、英数に関しても、以下の記事を参考に高いレベルに到達することを目標にしてください。


 



なお、日本大学と大体同じレベルの医学部は↓こちらです。

 



 

それでは、今回は皆さんに日本大学医学部についてご紹介いたしました。

 

今後も多くの医学部を含めた受験情報を発信していくので、乞うご期待ください!!

 

ではでは!!

おGちゃんでした(^^♪